評判なインターネットサービスプロバイダのキャンペーンをご案内します。

シュールなふっかつのじゅもん

評判なインターネットサービスプロバイダのキャンペーンをご案内します。

ページの先頭へ戻る

WiMAX通信の出来る端末の大きさは、スマホよりもWiMAX通信の出来る端末の大きさは、スマホよりも

WiMAX通信の出来る端末の大きさは、スマホよりも小型です。

従って、持ち運びするのに便利です。ポケットからはみ出さない大きさですし、重量や厚みも大した事無くて、ポケットに入れても余裕があります。ワイマックス対応の通信機は、スマートフォンアプリを使って操作する事が出来ます。



ですので、WiMAX通信機をカバンの中に入れ、そのまま使用することが可能です。
WiMAX端末は、年々新製品が発売されます。
それぞれにより機能が異なり、スペックも異なります。その中においても衝撃的だったのが、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の発売です。
このWiMAX機器はau 4G LTE回線に対応し、以前はまだ不足していたWiMAXの通信可能範囲をカバーする事が出来ました。WiMAXの契約時、料金プランの選択が必要です。プロバイダ毎でそれぞれの料金プランがありますが、ざっくりと分けると2種類に分類する事が出来ます。



2種類の料金プランは何かと言うと、ギガ放題プランと通常プランと言う2種類の料金プランがあります。

ギガ放題プランは高額な月額料金になりますが、その分だけたっぷりと通信量を楽しむ事が出来ます。逆に、月額料金の安さが魅力的な通常プランがありますが、その分だけ速度制限の規制が厳しくなると言う点に注意しましょう。

どんだけ通信量が必要なのかを検討しながら、2つの料金プランのうちの1つを選びましょう。WiMAXサービスの中でも業界最安値で有名なプロバイダが、楽天の運営しているRacoupon WiMAX 2+と言うプロバイダです。
Racoupon WiMAX 2+の強みは月額利用料金の安さのみではなくて、楽天クーポンで使用出来る割引チケットが1000円分貰えると言う点も挙げられます。

合わせて、月額利用料金の中には安心サポート代が入ってますから、もしWiMAX端末が壊れた場合であっても安心出来ます。その他に、通常は20000円もするWiMAX端末代が、Racoupon WiMAX 2+ならば無料となる特典まで付いて来ます。WiMAXサービスとの契約期間は25ヵ月間契約の自動更新型が基本で、契約期間内に解約手続きを行った場合は契約解除料が請求されてしまいます。始めからの13ヵ月間の契約解除料は19000円掛かってしまい、14ヵ月目から25ヵ月目の間の契約解除料としては14000円で、26ヵ月目以後の契約解除料は9500円になります。

ついでながら、GMOとくとくBB WiMAX 2+の契約解除料の設定金額はハードで、最初の25ヵ月間の契約解除料は24800円、26ヵ月目以後の契約解除料は9500円となります。

けれども、GMOとくとくBB WiMAX 2+の場合には契約20日以内の解約に対して契約解除料が掛かりませんから、単純に厳しいとは言い切れません。

WiMAXと契約を申し込む時、色々なキャンペーン特典が付いています。
特にお勧めなのが、公衆無線LANを使用出来るようになるサービスでしょう。UQ WiMAXならUQ Wi-Fiプレミアム、そして、@nifty WiMAXだったら@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスと言った感じのものです。


どのプロバイダと契約をしても利用出来るau Wi-Fi SPOTと言う公衆無線LANサービスと比べ、数多くのWi-Fiスポットと提携しているサービスです。


WiMAX通信を行なう機器は、性能アップしたものがラインナップされ続けています。

その中でも、通信速度が速くなり、現在のところ、下りの最大通信速度は220Mbpsも出ます。とは言うものの、最近になって通信速度よりも、総通信量が重要視されている傾向が見られます。新しいWiMAX端末のWX02やW02も、WX01やW01の通信量の表示機能が強化されたと言う形で発売されました。

なぜなら、混雑回避の為の速度制限、これが以前よりも適用されるようになり、速度制限が厳しくなったのです。

そういう理由から、製造会社や使用者としては、そこに対して過敏になっているのです。So-net モバイル WiMAX 2+でWiMAXサービスの契約を行なうメリットですが、セキュリティサービスが利点の一つとして挙げられます。その理由とは、So-netのインターネットサービスはWiMAXに限らず、セキュリティサービスが付いて来ると言う部分で好評なのです。
付いて来るセキュリティサービスとはカスペルスキー マルチプラットフォーム セキュリティの事で、WindowsとMacとAndroidの三種類のOSで利用出来て、最大5台の機器までセットアップする事が出来ます。カスペルスキー マルチプラットフォーム セキュリティを機器内にインストールする事によって、ウイルスやハッキングやフィッシング詐欺などの様々なリスクを減らす事が出来る点が、非常に嬉しいキャンペーン特典と言えます。Speed USB STICK U01はUSBタイプのWiMAX端末で、下り最大通信速度として220Mbpsも出す事が可能な点が特徴のWiMAX端末です。
その仕組みですが2回線分のWiMAX 2+回線の帯域を同時に使用する事で、従来の二倍の通信速度を出す事が出来るキャリアアグリゲーションと言う技術にあります。それに加え、Speed USB STICK U01と言うWiMAX端末はau 4G LTEと言う通信回線にも対応していますから、人口カバー率99%と言った広大な通信エリアを利用する事が出来ます。Speed USB STICK U01はバッテリーを内蔵していませんので、USBポートから給電しつつ利用するタイプのWiMAX端末となります。UQ WiMAXのサービスの強みは、速度制限の規制が厳し過ぎないと言う部分にあります。


他社モバイルインターネットサービスなら、速度制限が恐ろしくて映画など見てられません。大丈夫な事と言うと、5分ほどの動画を数日に一回程度観る位ではないでしょうか?けれども、WiMAXだったら堂々と映画が観れますし、一日中インターネット番組を流しっぱなしにしても平気です。

UQ WiMAXサービスの醍醐味は、帯域制限の規制UQ WiMAXサービスの醍醐味は、帯域制限の規制

UQ WiMAXサービスの醍醐味は、帯域制限の規制が厳し過ぎないと言う部分にあります。他モバイルインターネットサービスだと、速度制限が恐ろしくて映画など視聴出来ません。大丈夫な事と言えば、5分程度の動画を数日に一回程度視聴する位でしょう。



だけど、WiMAXだったら堂々と映画が観れますし、一日中ネット放送を流しっぱなしにしても平気です。
WiMAXと言うインターネットサービスがありますが、この通信サービスって、帯域の規制具合が多少余裕があって、そこがポイントとなります。
だから、たっぷりとインターネットを楽しもうと思っている方にとって、コレ以上のモバイルインターネットサービスはないでしょう。

7G制限が気がかりと言う方は、導入するのも良いでしょう。WiMAXを取り扱うプロバイダの一つに、Broad WiMAXと言ったプロバイダが存在します。Broad WiMAXの特色としては、月額の使用料金が安い点があります。



それだけ初期費用が高額なのですが、クレジットカード払いの人は初期費用が無料になるキャンペーンが行われています。

契約から25ヵ月目以降は業界で一番安いプロバイダなのですから、長い期間契約を継続する方にはお勧めのプロバイダです。

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の後継機として登場したWiMAX機器が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15って言うWiMAX端末になります。Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15の持つ大きな特徴としては、WiMAXとWiMAX 2+とau 4G LTEの三つの通信回線を利用する事が可能だと言う点が挙げられます。


Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はWiMAXハイパワーを搭載して、従来のWiMAX機器のWiMAX通信と比較すると、一回りほど広範囲での通信に対応しています。


更には、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はクレードルと言う充電台に対応した部分が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14との全く違うところと言えます。使い勝手の良いインターネットサービスとして人気を集めているWiMAXではあるのですが、速度制限に関して注意が必要です。


他のモバイルサービスと比較すると、WiMAXの速度制限の規制具合は緩いです。



と言うものの、速度制限が適用されるケースもありますから、通信速度の対象となる基準は把握しておきましょう。



けれども、速度制限が掛けられてしまったケースであっても、普通に映画を見る位であれば、インターネットは使用する事が可能です。


WiMAXの端末の中においては、au 4G LTEと言うauの提供する通信回線を扱えるものもあります。
au 4G LTEは人口対応率が99%の通信回線で、広大なエリアで利用出来ます。
それに、800MHzのプラチナバンドの電波を使用していますので、奥まった部分まで電波が行き届きます。その一方、一度でも使うと月に1005円の回線使用料が請求されますし、速度制限が掛けられます。

nifty WiMAXと言うプロバイダでWiMAXの申し込みを行なうと、Wi-Fiサービスをタダで利用する事が出来るキャンペーン特典が付いて来ます。キャンペーン対象となるWi-Fiサービスですが、nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスとau Wi-Fi SPOTの二種類となります。nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスなのですが、UQ Wi-FiエリアとWi2エリアの双方を利用する事が可能になります。

WiMAX端末が手元になくても利用する事が可能ですし、通信制限も気にしなくて良いですから、とても評判のあるサービスになってます。WiMAXサービスとの契約の期間は25ヵ月間契約の自動更新型が一般的で、契約期間内に解約手続きを行った場合は契約解除料が掛かってしまいます。始めの13ヵ月の間の契約解除料は19000円掛かってしまい、14ヵ月目から25ヵ月目の契約解除料は14000円、26ヵ月目以後となる契約解除料は9500円となります。ついでながら、GMOとくとくBB WiMAX 2+の契約解除料の設定金額はハードになっていて、始めの25ヵ月の間の契約解除料は24800円、26ヵ月目以降の契約解除料は9500円となります。



ただ、GMOとくとくBB WiMAX 2+の場合だと契約20日以内の解約に対して契約解除料が掛かりませんので、単純に厳しいとも言い切れません。WiMAXサービスを提供してるのプロバイダの中には、完全オリジナルのキャンペーン特典が用意されているとこもあります。


例を挙げれば、DTI WiMAX 2+と言うプロバイダの場合には、DTI Club Offと言うDTI会員限定の独自の割引特典が付いて来ます。DTI Club Offとは、全国各地にある旅館やテーマパーク、更に、スポーツクラブやインテリアショップ、レストランや居酒屋などなど、色々なサービスを特別な優待価格で利用する事が出来ます。

映画のチケットやミュージカル、美術館やカラオケなど、書き尽くせないくらい対象となるサービスはバラエティー豊かですから、さまざまな人にお得感を感じて貰う事が出来ます。
WiMAX通信機のサイズは、スマートフォンよりも小さいです。だから、邪魔にならない大きさです。


ポケットに収まるサイズですし、重量も厚みも大した事無くて、ハンカチと一緒に入れても大丈夫です。
WiMAX機器は、スマホアプリを使って操作をする事が出来ます。

なので、ワイマックス端末をカバンの中に入れ、その状態で使用する事も可能です。

Speed Wi-Fi NEXT WX01の後継Speed Wi-Fi NEXT WX01の後継

Speed Wi-Fi NEXT WX01の後継機に相当するSpeed Wi-Fi NEXT WX02は、Speed Wi-Fi NEXT WX01よりバッテリー消費を抑える点が強化されたWiMAX端末です。



その理由としては、Speed Wi-Fi NEXT WX01で導入された4×4MIMOと言う機能は通信速度が倍になるメリットがあるものの、バッテリーの消費が激しかったからなのです。

それで、Speed Wi-Fi NEXT WX02にはバッテリーの残量に応じて4×4MIMOから2×2MIMOへと自動的に切り替わる仕様になる、バランスモードと呼ばれる機能が新たに導入されました。他には、三日間の通信使用量が表示される機能が新たに加えられ、混雑回避のための速度制限に対する対策が取りやすくなりました。WiMAXの中で、最もサポート関連が充実しているのはUQ WiMAXでしょう。WiMAXサービスに対して情報を一番把握していますし、問題が起こった時の対応も最も早くて的確で、サポート受付け時間も一番長いです。

しかしながら、UQ WiMAXはその分キャンペーン特典の内容が今ひとつなので、代理店に申し込みを行なうと言う方法もあるのです。
代理店だとキャンペーンの中身がそれなりに充実していますし、サポート対応はUQ WiMAXを利用出来ると言った良いとこ取りが出来ます。光インターネットサービスが主流ではありますけれども、じわりじわりとモバイル業界の人気が高まる傾向にあります。
契約した建物内でしか使用する事が出来ない従来の固定回線とは異なり、とても便利なインターネットサービスとなっています。モバイルのサービスと言うと、どうしても不安定さを感じる方もいるでしょう。
とは言うものの、現在のモバイル業界は環境の整備が整っていて、安定したインターネットを楽しむ事が出来るようになっています。



と言う事で、モバイルだからと言っても、バカには出来ないです。WiMAXと言うネット通信サービスなのですが、この通信サービスは、通信制限の規制がやや緩めで、そこが特長となります。

そう言う点で、大容量通信が必要となる方であれば、最もお勧めのモバイルインターネットサービスとなります。

帯域制限のストレスが気がかりなのであれば、一案として考えてみてはいかがですか?各WiMAX端末にはクレードルと言う専用の充電台がありますけど、クレードルがある事によって2種類の通信モードを使用する事が出来ます。一つ目がAPモードと言う通信モードなんですが、この通信モードはWiMAX端末をアクセスポイントとして使用する事の出来る機能で、ブロードバンドルーターとクレードルをLANケーブルで繋ぐ事によってWiMAX端末がWi-Fiルーター代わりになります。



二つ目がルータモードなのですが、Wi-FiやBluetoothなどと言ったテザリングに非対応の古い機器とクレードルとを繋ぐ事で、それらを有線通信と言う形でインターネットへアクセスさせる事が可能です。



その他にも、クレードルにWiMAX端末を接続する事によってフル充電状態が維持されますので、いつからでもWiMAX端末を外に持ち出す事が出来るようになります。月額料金が安価なWiMAXのプロバイダとして、Racoupon WiMAXと言うプロバイダが挙げられます。

二度見するほど月額料金が安いプロバイダですから、あれこれ条件を付けない中であれば、業界最安値のWiMAXのプロバイダだと言えます。
でも、auスマートバリューmineには非対応なので、auにてスマートフォンやケータイを契約しているユーザーにとっては、ほとんどうまみのないWiMAXのプロバイダとなります。その上、電話でのユーザーサポートが平日の10時から18時までしか対応していませんので、そう言う点でも気を付けるべきWiMAXのプロバイダと言えます。
WiMAXサービスを提供するプロバイダの一つに、Broad WiMAXといったプロバイダがあります。Broad WiMAXの特長としては、月額料金が安い部分が挙げられます。その分初期費用が高いのですけれど、クレジットカード払いの人は初期費用が無料になるキャンペーンが実施されています。
契約から25ヵ月目以後は業界最安値のプロバイダですから、長く契約を継続する方にはお勧めのプロバイダです。


近頃は、WiMAXのプロバイダの中には、オリジナルの保証制度を用意するプロバイダが出て来ています。
例を出せば、Broad WiMAXと言うプロバイダはご満足保証と言う保証制度を用意しています。または、GMOとくとくBB WiMAX 2+では20日間の保証制度を導入しています。どの保証制度にしろ、違約金を支払わずにWiMAXの解約を行なう事が出来ると言う制度となります。

WiMAX機器は、年々新製品が開発されます。



個々により性能が異なり、利便性も違います。そんな中においても驚いたのが、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の登場です。このWiMAX機器はau 4G LTEに対応し、以前はまだ不足していたWiMAXの通信エリアをカバーする事が出来ました。



Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)はキャリアアグリゲーションを実装して、初めての下り最大通信速度が220Mbpsに及んでいるWiMAX端末として登場しました。Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)が発売された当時はキャリアアグリゲーションに対応している地域は限定的でしたが、今は対応している地域が拡大しています。
加えて、au 4G LTEと言う機能はHWD15からそのまま踏襲し、広いエリアでの通信に対応している部分がSpeed Wi-Fi NEXT W01の特徴の一つとなっています。勿論、Speed Wi-Fi NEXT W01はクレードルと言う専用の充電台にも対応していて、充電しつつの通信にも対応してます。


Copyright (c) 2014 シュールなふっかつのじゅもん All rights reserved.