WiMAXの通信速度が遅い場合は再起動から

WiMAXの通信速度が遅い場合の対処方法についてご紹介したいと思います。
ぜひ、参考になさって下さい。



WiMAXの通信速度が遅い



まずは、WiMAX端末の再起動とリセットから試してみましょう。
1番手軽に出来る対処法ですので、真っ先に試してみます。



再起動の方法は、WiMAXの電源ボタンを長押します。
表示されているメニューの中の再起動を選ぶ事で、WiMAX端末が再起動されます。



WiMAX端末を再起動してみる



再起動でも直らない場合は、リセットボタンを長押しします。
リセットボタンは小さい穴の中にありますので、細い棒を使用します。



So-net モバイル WiMAX 2+のサイトはこちら
So-net モバイル WiMAX 2+

サポートセンターを利用する

再起動やリセットボタンで直らない場合、WiMAXの基地局に問題があったり、WiMAX端末が故障している可能性が出て来ます。
そこで、サポートセンターにお問い合わせをして、具体的なアドバイスを貰いましょう。



サポートセンターを利用する



サポートセンターを利用する際には、UQ WiMAXではなく、契約しているプロバイダにお問い合わせを行いましょう。
UQ WiMAXにお問い合わせを行っても、最初に契約者かどうかの確認をされますので、注意しましょう。



契約しているプロバイダによっては、お問い合わせの電話が繋がりにくいところもあります。
ただ、最初に電話予約をして、あちらからの電話を待つと言うサービスを用意しているところもありますから、そう言うサービスを利用するのも良いでしょう。

パラボラアンテナを自作して対応

WiMAXが遅い原因が電波をつかみきれてないと言う場合は、パラボラアンテナの自作で対応する事も可能です。
電波の受信状態は、WiMAX端末の画面を観る事で確認出来ます。



WiMAXの電波は受信出来てる?



パラボラアンテナの自作ですが、台所にある金属のボウルをWiMAX端末へ向けて設置するだけです。
たったこれだけです。



そんなんで、本当に意味はあるの?
そう思うでしょうが、これが、あるんです。
GMOとくとくBB WiMAX 2+の実験動画をご紹介しましょう。





このように、WiMAXの電波をかき集める事で通信速度を上げる事は可能です。
電波が原因で通信速度が遅いと言う方は、ぜひ、利用しましょう。



So-net モバイル WiMAX 2+のサイトはこちら
UQ WiMAX